宮古島大好きの皆様、宮古島在住の管理人より3月の宮古島情報をお伝えいたします。
沖縄での3月の風物詩といえば、サトウキビです。この時期は製糖期といって、島中のサトウキビを収穫する時期なのです。
宮古島島中をドライブしていると、家族総出でキビ畑で収穫をしている姿や収穫されたサトウキビを積んだトラックをいたるところで目にします。
トラックに山積みにされたサトウキビが道路に落ちていることもしばしばありますよ。

宮古島といえばやっぱりキレイな海ですね。陸から眺めるだけでも十分きれいですが、海中を除けばその感動は何倍にもなります。
3月の宮古島の海は水温が23度前後です。水着ではいるには少し寒いですが、ダイビングショップなどでレンタルされているウエットスーツを着用すれば寒さはさほど気になりません。
ダイビングショップによっては、ウエットスーツの下に着るフードベストと呼ばれるインナーを無料で提供してくれるところもあるので、海で遊びたい方はダイビングショップに問い合わせてみるのがよいでしょう。

3月は観光客の数もまだ少なく、天気が良い日気温25前後の日もしばしばです。3月は以外にお勧めの時期なのかもしれませんよ!

宮古島産プチトマト